新着情報

「第4回いきものにぎわい企業活動コンテスト」農林水産大臣賞を受賞!

環境保全米の取り組みと生き物調査で評価され、齋藤健農林水産副大臣(右)から表彰状を授与された榊原組合長(左)(10月15日、東京・永田町で
環境保全米の取り組みと生き物調査で評価され、齋藤健農林水産副大臣(右)から表彰状を授与された組合長(左)
(10月15日、東京・永田町で)

 生物多様性の保全に優れた活動をする企業や団体などを表彰する、第4回いきものにぎわい企業活動コンテスト(国土緑化推進機構などが主催)の表彰式が10月15日、東京・永田町で開かれ、環境を保全する米栽培と田んぼの生き物調査を実践しているJAみやぎ登米が「農林水産大臣賞」を受賞しました。

 JAでは「赤とんぼが乱舞する産地を目指そう!」を合言葉に平成15年度から農薬や化学肥料の使用量を半減した「環境保全米」を生産し、平成18年から環境保全米のほ場で生き物調査に取り組んでいます。

 調査を通して赤とんぼの幼虫やミナミメダカなど、全国的に生息数が減少している生物を確認。この調査活動には消費者や米卸、農薬メーカーなど多くの人が参加しています。

 JAでは今後も継続して環境保全米づくり運動と生き物調査を実施し、環境保全型農業を推進していくこととしています。

このページの先頭へ