新着情報

「地域営農ビジョンづくり運動」支援本部会議並びに推進大会が開催されました

 5月20日(火)ホテルニューグランヴィアにて、「地域営農ビジョンづくり運動」支援本部会議及び推進大会が開催されました。

 この運動は、担い手の明確化や農地集積等を柱とした持続可能な農業と地域社会づくりをすすめる。「地域営農ビジョン策定・実践強化運動」を行うにあたり、運動の推進と各地区の取組み支援を目的に、榊原組合長、小野寺専務、営農経済部門委員、基幹支店長、営農経済部長、営農経済センター所長、営農企画課課長、計30名出席のもと、「地域営農ビジョンづくり運動支援本部」を設立し、今後の取組等について協議を行いました。

 会議終了後は、関係機関、常勤役員、営農経済部門委員、課長職以上職員、計98名出席のもと、「地域営農ビジョンづくり運動」の取組内容や運動目標である、(1)地域農業の生産拡大(2)農家の農業所得の向上(3)農を通じ環境に配慮した豊かな地域づくりの実現を目指すことについて、須藤常務より説明がされ、出席者それぞれが「地域営農ビジョンづくり運動」への取組意義や必要性について、再度確認をしました。

 

 


このページの先頭へ