新着情報

食農教育補助教材を管内の小学校に寄贈(2013.3.14)


 管内の小学生に農業への理解を深めてもらおうと、JAでは毎年、食農教育補助教材を寄贈しています。今年は管内20の小学校の5年生を対象に、合計870部を贈りました。

 この取り組みはJAバンクグループが全国的に展開している「食農教育応援事業」の一環として行ったものです。

 教材のタイトルは「農業とわたしたちのくらし」。環境と農業の関わりや水田の役割をはじめ、農村の文化や食料を安定的に供給するための流通などを総合的に学べる内容となっています。

 新学期を目前に控えた3月14日には、榊原組合長が登米市教育委員会を訪れ、片倉敏明教育長に教材本を手渡しました。


 

このページの先頭へ