新着情報

食育の大切さを学ぶ 木村まさ子さんが講演(2013.2.2)


 女性部フレッシュミズ部会では2月2日、登米市迫町内で「フレッシュミズセミナー」を開き、フレミズ部員や地域住民など160人が参加しました。

 講師には薬膳レストランの経営者であり、全国各地で講演活動も行っている木村まさ子さんを迎え、食育の大切さを学びました。

 木村さんは「日々の中にある大切なこと」と題し講演。レストラン経営や子育ての体験から、食育の大切さや「命」の意味などを参加者に優しく語りかけ、「『いただきます』という言葉には命をいただいて自分を生き長らえさせることへの感謝の気持ちが込められている」と説明し、「食事する際に『おいしい』と言うことで口角が上がり笑顔になる。大人のちょっとした気遣いで、子どもは笑顔の中で食事をすることができる」と強調しました。

 参加者からは「心に響く講演だった」「『いただきます』という言葉の大切さを子どもたちに伝えていきたい」などの感想が寄せられました。

 

このページの先頭へ