新着情報

魅せた!宮城の底力
第10回全国和牛能力共進会長崎県大会(2012.10.25~29)

全共の花形、第7区の審査風景
▲全共の花形、第7区の審査風景

 5年に1度開かれる和牛の祭典、第10回全国和牛能力共進会(全共)が10月25日から29日までの5日間、長崎県佐世保市のハウステンボスをメイン会場として開催され、全国38の道府県から選抜された480頭が和牛日本一の座を目指し、その優劣を競いました。

 今大会にはJA管内から13頭が宮城県代表として出品されました。出品者をはじめ和牛育種組合、登米市、JAが一丸となって『がんばろう宮城!!心ひとつに全共へ ~「茂洋」で魅せるぞ 宮城の底力~』を合言葉に、宮城県産牛の素晴らしさを全国に広めました。

環境保全米の計り売りが大人気でした!
▲第2区で優等賞5席に輝いた
小野寺正人さんと「たからしげ」号。
環境保全米の量り売りが大人気でした!
▲第7区で優等賞6席に入賞した
千葉啓さんと「まちこ」号。
環境保全米の量り売りが大人気でした!
▲大会には全国から選抜された
480頭が出品されました。

◆第2区で全国5位!!

 14か月~17か月齢未満の若雌の体型などを審査する第2区には33頭が出品されました。その中で、迫町の小野寺正人さんが出品した「たからしげ」号が見事全国5位に当たる優等賞5席という素晴らしい成績となりました。

・小野寺さん
「地域の皆さんのおかげで、全国に茂洋をアピールすることができました。ありがとうございました」

 

◆「茂洋」で挑んだ第7区

 全9区の中で花形の出品区と称されるのが第7区(総合評価群)です。種牛群4等と肉牛群3頭で構成され、父牛である種雄牛の種牛性と肉質性の総合力が試されます。

 宮城県では基幹種雄牛である「茂洋」でこの7区に挑戦。JA管内からは種牛群に4頭、肉牛群に2頭が出品されました。

 審査の結果、全国6位に当たる優等賞6席を獲得し、「茂洋」の実力を全国にアピールしました。

・7区に出品した千葉啓さん
「『心ひとつに全共へ』を胸に頑張ってきました。応援ありがとうございました」

◆5年後の開催地は宮城県

 次回第11回大会は5年後の平成29年に宮城県で開催されます。

 JAでは今後もみやぎ登米産牛のブランド確立を図るとともに、宮城全共でのさらなる飛躍に向け、和牛育種組合や登米市などと一体となって、畜産振興に取り組んでまいります。

 

管内から出品された皆さんの審査結果(敬称略)

出品区

審査結果

出品者
( )内は引手の方

名号

母の父

2区

優等賞5席

小野寺 正人

たからしげ

茂洋

平茂勝

6区

1等賞5席

豊里
(とよま)

佐々木 昌典
(佐藤 義浩)

かねおく

奥北茂

北国7の8

豊里

佐々木 昌典

おくやすひら

糸安平

奥北茂

豊里

中川 大志

おくやすただ

平忠勝

糸安平

7区

優等賞6席

千葉  啓

まちこ

茂洋

平茂勝

よねやま

大立目 敏夫
(千葉 友美)

ふくこ

茂洋

福桜

守屋 慶市
(守屋 和典)

いくえ

茂洋

金幸

豊里

服部 泰啓

しげひら

茂洋

奥北茂

7区

優等賞6席

豊里

千葉  敏

茂菊

茂洋

北国7の8

南方

佐瀬  德

源氏

茂洋

平茂勝

8区

2等賞

なかだ

千葉 英軍司

平茂洋

平茂桜

茂勝

9区

1等賞

とよま

千葉 正憲

勝忠洋

茂洋

勝忠平

豊里

千葉  敏

茂福栄

茂洋

福栄


長崎全共を終えて 登米和牛育種組合 高橋良組合長

次回は宮城全共 目指せ和牛日本一!!

このページの先頭へ