新着情報

水稲種子ほ場の最終審査が実施されました(2012.8.28)

 水稲種子の生産に向けたほ場審査が行われました。

 JA管内には「JAみやぎ登米水稲種子採種組合」という水稲種子生産農家で構成される組織があり、種子の生産には県農業改良普及センターによる年2回のほ場審査・発芽試験に合格することが必要となります。

 8月28日には種子生産農家・JA立ち会いのもと2回目のほ場審査が行われ、管内の種子ほ場70ha全てが合格となりました。

 水稲種子は食用米よりも刈取り時期が早いことに加え、今年は好天・高気温が続いたため、早ければ9月10日頃から刈り取りが始まるそうです。

 刈り取り後はJA水稲種子センターへ搬入され調整を行い、検査に合格すれば来年度の水稲の種子として配布されます。

水稲種子ほ場の最終審査が実施されました(2012.8.28)
水稲種子ほ場の最終審査が実施されました(2012.8.28)


このページの先頭へ