新着情報

平成24年度事業計画などを承認 第14回通常総代会(2012.6.28)

来賓や総代など約600人が出席しました。
▲来賓や総代など約600人が出席しました。

 JAでは6月28日、登米市迫町の登米祝祭劇場(水の里ホール)で第14回通常総代会を開きました。布施孝尚登米市長や小野寺五典衆議院議員などの来賓や総代など約600人が出席。平成24年度の事業計画など5議案が慎重審議され、全議案承認されました。

 今年度は「もっともっとJA」を合言葉に、(1)担い手の確保と「元気な登米農業」の実践(2)「環境保全農業」の実践と「JAみやぎ登米産」ブランドの確立(3)組合員の結集と地域社会への貢献(4)農政活動のさらなる強化(5)健全経営の確保と総合事業性の発揮――の5項目を重点実施事項に掲げ、地域農業の発展・拡大に努めます。

 役員(女性理事)の補欠選任では、登米市迫町の伊藤成子さんと同東和町の小野寺ひさ子さんが選任されました。

 また、TPP交渉参加阻止を実現するまで不退転の決意で徹底して闘っていくことを表明する「TPP交渉参加断固阻止に関する特別決議」を緊急提案し、満場の拍手で採択されました。

「生きた化石」と言われるカブトエビも多数確認できました。 谷先生がそれぞれの生き物の特徴などを説明しました。

▲提出した5議案が、総代の皆さんによって慎重審議されました。

▲JA事業に貢献いただいた方々への表彰も行いました。

このページの先頭へ