米にけーしょん

稲作日誌

みやとめさんの部屋

水稲生育調査結果

ORI姫米プロジェクト

HotMail

平成28年度第2回あぐリズム ♬(6月18日)

 6月17日、今年度2回目のあぐりスクール「あぐリズム♬」を登米市南方町で開き、参加したスクール生19人は「いのちの授業」と「田んぼの生き物調査」を行いました。

 いのちの授業では、みやぎシニア食育コーディネーターの荒井美智子さんを講師に迎え、荒井さんお手製のエプロン(フェルトで臓器を作り、貼り付けた人体模型のようなもの)を使い、臓器の名前や機能についてユニークな説明。生きていることは決して当たり前ではないということを話し、食材と生産者、食事を用意してくれた人への感謝の言葉である「いただきます」や「ごちそうさま」の意味を学びました。また、「朝」という字を分解すると人が生まれてくるまでの月日「十月十日(とつきとおか)」になると話し、「みんなの誕生日は、お母さんが一番頑張った日。今度の誕生日には、お母さんにありがとうと感謝の言葉を言ってほしい」と伝えました。

 スクール生たちは、真剣に荒井さんの話に耳を傾け、授業の内容をノートにメモし、「食べ物は『いのち』をつなぐ大切なものだから、残さず食べるようにする」、「いのちはお父さんとお母さんがくれた大切なものだから、粗末にしてはいけない」と話していました。

 生き物調査では、網で田んぼの泥をすくいながら、ザリガニやカエル、ヨーロッパカブトエビなどの生き物を発見し、安心安全なお米を作るための、田んぼと生き物について学びました。昼食にはスタッフが作った、郷土料理の「はっと汁」と、「ササニシキ」、「ひとめぼれ」、「萌えみのり」の3種類のおにぎりを食べ、スクール生は味の違いを堪能していました。

【いのちの授業】

小腸ってこんなに長いんだぁ!
小腸ってこんなに長いんだぁ!
「十月十日」、誕生日にはお母さんに『ありがとう』と言いましょう♪
「十月十日」、誕生日にはお母さんに『ありがとう』と言いましょう♪
授業が楽しいと笑顔になるよね☆
授業が楽しいと笑顔になるよね☆
「いのち」って難しいなぁ~
「いのち」って難しいなぁ~
一所懸命メモしています!
一所懸命メモしています!

【生き物調査】

虫かごを持って、いざ田んぼへ出発! どんな生き物がいるのかなぁ~!? どんな生き物がいるのかなぁ~!?
虫かごを持って、いざ田んぼへ出発! どんな生き物がいるのかなぁ~!?
谷先生から生き物について、色んな事を教えてもらいました
谷先生から生き物について、色んな事を教えてもらいました
こんなに捕まえたよ~!!
こんなに捕まえたよ~!!
このページの先頭へ